FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2009/02/19 (Thu)
2008/12/14 (Sun)
2008/11/08 (Sat)
2008/10/03 (Fri)

20060414171708.jpg

初鰹の季節になりました。
私の故郷・土佐の高知の郷土料理は、皿鉢料理と並んで鰹のたたきが一番です。
昔は実家が旅館業をしていたこともあって、板前さんが鰹のたたきを作る所は随分見てきましたが、なんといってもわらで焼いた鰹のおいしさは忘れられません。
ほんのりわらの移り香と青紫蘇や玉葱、ニンニクなどの薬味と一緒に食べる鰹のおいしさは今でも忘れられず、高知に帰る度に、必ず一番に食べたくなります。
それぞれにその家の自家製のポン酢や薬味が違うのも又、別の味わいや発見があるのですが、私は実家のポン酢を今も作り続けています。
妹一家の経営するレストランでも、注文を受けてから裏庭で焼くというこだわりようです。
(高知市福井町 「魚菜っぱ」(さかなっぱ)といいますので、お近くに行かれることがありましたらどうぞ~宣伝しておきます。昨年11月に妹の事というタイトルでこのブログでも紹介しましたが、店の名前を入れていませんでしたので、ここで紹介しておきます。おいしい鰹が食べたくなったら是非どうぞ~)  
鰹選びも勿論確かな目を持っていないと当たりはずれも多いのです。
黒潮にのって北上する初鰹と秋に南下してくる戻り鰹、ともに故郷をなつかしむ一番の酒の肴です。
写真は、福岡で求めた鰹で、おいしかったのですが
なかなか、高知で食べるほどの鰹には巡り会えません。
本当に美味しい鰹は「下駄のは」程に分厚く切るのですが。

ところで、このビールの泡立ちがすごく細かいと思いませんか?
色々ためしてみましたが、高取焼のこのグラス(すごく薄い)
かなり、オススメです。
普通、高取焼は茶道具で有名でお茶碗でもかなりのお値段ですが、最近手頃な価格で分けてくれる高取焼の店を発見しました。   ( 東峰村(旧小石原村))
陶器で飲むビールは格別に違います。
今は、子供の事で喧嘩することもなくなり、二人の生活になると、毎晩のおつまみと少々のビールがささやかな楽しみで、のんべ~な二人なのです。 成人病もかかえているというのに~!!

.... 続きを読む
スポンサーサイト





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 のあめも, All rights reserved.