ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2009/02/19 (Thu)
2008/12/14 (Sun)
2008/11/08 (Sat)
2008/10/03 (Fri)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20061129113337.jpg

窯場のお隣は、廃屋でした~
中に入って撮した写真はリンクにあるwindさん(風にさそわれて)がUPされていますのでご覧下さい。 

 20061129113818.jpg


20061129112203.jpg


20061129112124.jpg

周りのトタン板は、タケノコの季節をねらって出てくる猪よけだそうで、こんな低くても飛び越せないのか・・・と思う。

20061129113618.jpg

ここも廃屋です。

過疎化が進み日本各地にこうした廃屋が今後増えてゆくようで、深刻な過疎化に悩む所もあるようですが、ここはまだそんな悲惨さはなくて
豊かさも残っているし、何なら老後生活に選んでもいいかも~と思いましたが・・・・・こんな廃屋買って修理したら楽しそう

実際はそんなに甘くはないのでしょうけどね。

20061129112035.jpg


20061129114957.jpg

写真を撮りたい人には被写体の宝庫でした。

スポンサーサイト

20061129103938.jpg


本職は別にありながら、本格的な火独楽氏の作品は素晴らしく、あたたかみのあるものです。
陶器は大好きで、よく窯元にも出かけて買い求めていましたので、もう年齢的にも物欲はなくさないといけないのですが、火独楽さんの作品を見てしまうと、一目惚れでした。
素焼きの作品がずらりと並んでいました。
どんな風に出来上がるのか又見に行きたいものです。
20061129104306.jpg


窯場にあった作品を撮させて頂きました。

その後、火独楽さんは、皆にろくろを回して作品作りの様子を撮影させて下さいました。
真剣な目をごらんください。
いつもの冗談ぶりとは全く別人ですね。

20061129104027.jpg

20061129104116.jpg

20061129104230.jpg

あと1枚あります。
.... 続きを読む

20061128221253.jpg

いよいよ窯場に到着。
雨の為皆でシートをはりました。
すでに火独楽さんのお仲間の方々が総出で準備中で、このピザパーティの為、数日前から料理の仕込みなどを備えて待っていて下さいました。
まずは、ピザ専用の釜に薪を入れて、温度を上げていきます。
20061128221339.jpg

釜が暖まるのを待つ間に、色んなごちそうが次々とテーブルに出されていきます。
ちろりさんお手製のしめ鯖としめ鯖の押し寿司が出されると、わ~っとみんなで手を出して写真に納める間もなく、というより私も食い気の方に走って、食べる前に撮るべきでしたね~
それはそれは、絶品のしめ鯖でした。
普段あまり、青魚を好まない主人も、これはうまい!! と大喜び。
他にも、テールスープ(4日間煮込んだ?)は最高に美味しかった事。
サラダ、マグロのたたき、貝などもテーブルに並びました
更に、大きな広島牡蠣も焼き初めて色んな味付けで頂きました。  
らっきょうもかりかりと美味しかった事!
メインのピザが出来るまでにこのごちそうです。
料理がはいっている器は全て、火独楽さんの手作りの器ばかりで、とても素敵なものばかりです。
20061128221438.jpg

いよいよ釜も温まると次々とピザの生地の上に色んな具材を乗せて釜の中へ入れられてゆきます。
釜の中はいい具合で火の状態も良くなってくると、もう一面の美味しい匂いで、お腹いっぱいのはずなのに又、手が出てしまいます。
20061128221502.jpg

ちろりさんと岩ちゃん?ご夫妻の絶妙なコンビぶりと愉快な表情は皆を本当に楽しませて下さいました。
新婚さんのお嬢様も美人でした~

次々と手際よくピザが焼かれていきます。
ネギとチーズだけのシンプルなもの。
イカの塩辛とブルーチーズ、ネギのものは、不思議な味でしたがおいしかったです。 これもちろりさん特製のイカの塩辛だそうです。
色んな種類のピザを次々と沢山焼いて下さって、焼き方担当のちろりさんのご主人は最後までTシャツ姿(!!!)
20061128221625.jpg

20061128221643.jpg

20061128221810.jpg

20061128221741.jpg

これだけの材料の準備はきっと大変だったと思いますが、皆さん明るく愉快で本当に楽しい一日でした。
20061128221900.jpg

火独楽さん、ありがとうございました。
ちょっとだけおまけの写真は続きへ
.... 続きを読む

ホテルの窓から

楽しみにしていた火独楽さんの窯場でのピザパーティの日です。
広島駅にすぐ近いホテルで一泊した翌朝、いつもよりもかなり早めの目覚めです。
前日の宮島が一日中雨天だったので、かなり天候が気になっていたので
カーテンをあけてみると・・・・・
え~~??  日の出が~  嬉しい~いいお天気だぁ~
・・・・・と思わず喜んでみたが、本当は部屋の天井の灯りがガラスに写っていただけでした。 
ガクッ やはりどんよりして今にも降りそうな気配。

8時前にフロントに降りると、同じホテルに宿泊した数人が揃い、
8時には火独楽さんご一家がお迎えに来て下さって、いよいよ出発です。
窯場まで40分ほど山間の道路を走ってゆく途中の景色はとてもきれいでした。

ドライブ~


20061128212350.jpg


20061128212240.jpg


静かな山あいに、民家がぽつんぽつんと広い間隔で点在してゆったりした空気が心地よい所です。
廃線となった鉄橋が川をまたいだ、こんなのどかな場所に火独楽さんの窯場がありました。

http://www.hikoma.com/ 陶房 火独楽さんのHPのアドレスです。



宮島でのオフ会に参加してきました。
初めて行った宮島は終日の雨でちょっと残念でしたが、しっとりとした風情はあったと思います。
写真は今ひとつでしたが、雨にもかかわらず、大勢の観光客で、さすがの世界遺産でした。
フェリーから


引き潮で大鳥居の下まで歩く!


厳島神社


20061126221052.jpg


20061126221109.jpg


20061126221130.jpg


20061126221210.jpg


20061126221246.jpg


20061126221314.jpg


20061126221613.jpg


20061126221525.jpg

いつの間にか傘にも紅葉模様が・・・・

20061123222341.jpg

大浦天主堂  中に入る時間がなくて残念でしたが・・・
20061123205109.jpg

修学旅行生にカメラのシャッターを頼まれてしまった。
じゃあ、私も撮らせてね~っとパチリ。
若者はやっぱりいいな~。
20061123222510.jpg

東京から来られた方。 
元気溌剌でした。
東京組の方達はこの後天草にもレンタカーで行くとのことで、座席が一人分あいているので一緒にいかない?
とお誘いを受けた・・・・・・

天草、行きたいな~
でも、日帰りと言うことで家を出てきたので、そう言うわけにもいかないな~ 

白髪が素敵で、カメラを持って色んな所に撮影に出かける姿は、私にとっても非常に励みになったし目標にもなった。
写真に興味を持った事が、こんなに色んな素敵な出会いをもたらしてくれるとは想像もしていなかっただけに、これからも体調には気をつけながらきれいに枯れて行けたらいいなと思いつつ有明の海を眺めながらの帰路でした。

そうそう、そして一つだけ知らなかった事でしたが、ここ長崎は
写真家にとっては、聖地とまでいわれている資料館がありました。
さすが、オリンパスの方々。
歩くコースにその資料館をちゃんと組み込んで下さっていました。

20061123222404.jpg

20061126150203.jpg

20061126150218.jpg

20061126150229.jpg

20061126150239.jpg

20061126150300.jpg

駆け足で撮りましたが、今後長崎に行かれる方、是非この資料館は見る価値ありでした。
写真の元祖、上野彦馬 で検索してみて下さい。
私が説明するよりも、色々紹介されていますので。
私の故郷出身の坂本龍馬のあの有名な写真が、上野彦馬によって撮影されていたとは、初めて知った事でしたが
私の出た小学校の講堂にはこの大きな写真がかかっていました。

さて、さて、長崎篇はこれにて、おしまいにします。
久し振りに行った長崎、最近はハウステンボスなどの大型観光施設に人気がありますが、写真を撮る楽しみは、やはり生活感がある古い町並みとか歴史を感じられる所が魅力があるように思います。
大切に残していって欲しい古い町並みも時代の波にいつか取り壊されてゆくのは仕方のないことですが、こうして歩いてみると、長崎はとても
魅力ある街だと思いました。

次回は広島篇。
宮島の紅葉を見た後、リンク先にあります陶芸家・火独楽氏の窯場におじゃましてのオフ会、ピザパーティの模様を紹介しようと思います。
お楽しみに~

孔子廟にて


20061121174439.jpg


20061122225922.jpg


20061122234314.jpg


20061121175929.jpg


福島県からの修学旅行生


足音


20061121180048.jpg


土砂降りの雨宿り


20061121180227.jpg


20061121180136.jpg


20061121175103.jpg


20061121180159.jpg




長崎にて、某カメラメーカー主催の撮影会に参加してきました。
東京から、プロカメラマンも同行、東京、横須賀、広島、神戸など各地からの参加者で初対面の方が半数でしたが、私よりもずっと年上の白髪の女性の方が元気はつらつとカメラを構える姿にちょっと、嬉しかった一日でした。
しかし、天候はかなりの苦労が。
降ったり、止んだりの繰り返しで、一時は雨宿りしなければ無理な時もあり、メーカーの用意していた雨合羽が大活躍でした。


20061121175706.jpg


20061121175651.jpg


20061121175442.jpg


20061121175726.jpg


20061121175308.jpg


オランダ坂


猫発見!!


20061121174946.jpg


ビードロと鼈甲のお土産品店


長崎中華街


親子連れ


雨も楽しい笑顔の女の子


中華まん、おいしかった



夫の代理で、某大手会社の支店長の母上の葬儀に参列した。
97才での大往生で、遺影が初対面の最後のお別れの挨拶をした。
式が始る寸前、その在りし日の様子をビデオカメラで撮ったものや、写真が映像で紹介されていた。
その途中で参列席にすわったので、全てを見ていなかったけれど、今頃の葬儀は、色々な工夫がされているらしい。
自分に置き換えてみたらと思うと、とてもとても恥ずかしくて、棺桶の中からストップを叫ぶかもしれない。

かわいいおばあちゃんになれたらいいのだが、実は意地悪ばあさんにもちょっとあこがれが・・・・・
ユーモアとしゃれっけのない自分に少し退屈してきたのかもしれない。

熊本駅

写真は熊本駅。
車の中からパチリ。

既に街はクリスマスのイルミネーションがきらめき
今年も残り少なくなって、あわただしく日々が過ぎてゆきます。

ここしばらく休日を利用しては写真を撮る為に色んな集まりに参加してすごした日々でした。
大阪から帰った翌日は、熊本。
熊本は取引関係の葬儀に出席の為でしたので、予定外の事でしたが、久し振りに水前寺公園と熊本城に行ってきました。
そして、11月にはいって、長崎、広島と続き、随分沢山の写真を撮りました。
それらの写真を整理するまもなく、イスラエルからのお客様で、可愛い一粒種のトム君を囲んで、数日間一緒に過ごしました。
こんな、でこぼこの夫婦に会いに来てくれる人がいるだけでも、幸せな事でした。

少しづつ、この良き想い出の写真を順を追って残しておきたいと思いますので、暇な時にでも見て下さい。
人と人との繋がりが、どんどん広がってゆく事がとてもうれしく又
有り難いことばかりです。
会えて良かった~。
人間って素晴らしい。
お金では買えない、心の宝が又、増えてゆきます。

20061114144020.jpg


20061114144048.jpg


20061114144133.jpg


20061114144107.jpg


20061114144150.jpg


城内で熊本の仲良し二人に出会った。
スタイルも良くて可愛かったこと。


20061113232802.jpg


せっかく久し振りに行った大阪でしたので大阪城の天守閣まで登ってきました。
なんと十代以来ですから、何年前だろう。 
年をとったな~とつくづく感じてしまった。
福岡にいたら車ばかりなので、旅行は歩く事が楽しみの一つ。
歩くと色んな小さなものにも気がつくし、たった一枚のはっぱにも感動したり、風の匂いや、人とすれ違ったりするだけで喜びを感じる事が出来たり贅沢なひとときです。
これで次回天守閣にあがる日は、もうないのかもしれないけど、豪華な大阪城の姿をしっかり目に焼き付けておきました。
間近に見る大阪城はかなり細かな細工を施し華麗でした。

20061113233204.jpg

20061113232845.jpg

20061113232909.jpg

20061113232949.jpg

20061113233036.jpg

20061113145323.jpg

20061113145301.jpg

20061113145346.jpg

最後は広場で、城を見ながらたこ焼きをいただきました。
串カツの未練が残っていたので、ここはしっかりと。笑

20061103212622.jpg


20061103212803.jpg


20061103212735.jpg


20061103212856.jpg


20061103212947.jpg


20061103213054.jpg


20061103212930.jpg


みんなゆったり穏やかな顔。
大阪工大の学生さん達や、通りかかった親子、自転車のおっちゃんがモデルになってくれました。


20061028231429.jpg

さすが、大阪のカンバンやな~

20061028231354.jpg

通天閣のあたり
  それにしても串カツの店が多かったけど
             名物だとはしらなんだ

20061028230910.jpg

 花がなんとなく似合っていた

20061028231108.jpg

 芝居小屋の呼び込みのお兄さん

20061028230933.jpg

 お芝居見に来たのかな?

20061028230840.jpg

 何故か一昔前の時代に帰ったように思えた街・新世界

20061028231550.jpg

 
通天閣がいつも見えている街

20061028231453.jpg

 
何か郷愁を誘う、大阪の街。
 子供時代大阪に、住んでいた叔父を訪ねて幾度か遊びに来たことがあ ったので懐かしかった。
 今はその叔父も居ない。
 
 でも、ネットで知り合えた素敵なお友達が出来て、又きっと
 そのお友達に会いにゆく。
 懐かしくてじゃない、会いたくて・・・
 


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 のあめも, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。