ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2009/02/19 (Thu)
2008/12/14 (Sun)
2008/11/08 (Sat)
2008/10/03 (Fri)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 133

今年も明日で終わり
月日の流れの速さに驚くばかりですが、こうして、細々と続けてきたブログにおつきあいくださいまして感謝です。
いつもながら、一貫性のない自分ですが、見る物一つ一つが未だにその時々のテーマとなってしまって、一つに絞ることが出来ないままです。
そのうち、何かを表現出来たらと思っていますが・・・・遠い道です。
来年も又どこかでお会い出来ますよう、どうぞよろしくお願い致します。

我が家の小さな庭先で水仙がすくすくと伸びてきました。
親友が植木鉢ごとプレゼントして下さったとても可愛い水仙。
光をいっぱいあびて、又新たな可憐な花を咲かせてくれるのが楽しみです。


スポンサーサイト

DSC_0370-3.jpg
日比谷公園にて    日本一大きなツリー

今夜は聖夜。
全国の教会ではイエス・キリストの誕生日を祝して、礼拝が行われていることでしょう。

私も幼い頃は、近くの教会に日曜日になると通っていました。
そして、聖夜のドラマの演劇に出たり、プレゼント交換をしたり、とてもワクワクしたものでした。

聖書を読むのも大好きでした。

今でも、あの頃、色々なお話しを聞かせて下さった、優しい先生の温かい声やまなざしを決っして忘れることはありません。

今は教会に通うこともなくなってしまっていますが、何かにつけて、神様の守りを感じたり
一人で生きているのではなく、導かれ生かされていることを思います。

7才の時に両親の離婚によって、6人の兄弟はバラバラに離れて生活することになったのですが、それぞれ様々な経験をしながら、大人になった今は、皆で集まって互いの体験談を語り合ったり、兄弟なのに知らなかったことなど未だに色々あったりですが、仲良し兄弟です。
幼い頃に宗教にふれて、大切なものを心にいっぱいもらったお陰で、皆が豊かな心で成長出来たように思います。ハングリー精神があったのかもしれませんが。

色々な家族の事件を聞く度に、経済的にも地位名誉にも恵まれた家庭であっても、
本当の愛情をもらえないで育った青少年のすさんだ気持が犯罪に発展してしまったり、親や兄弟をあやめたり、悲しい事件が後を絶たないニュースに気持ちが落ち込んでしまいます。

今の子供達にも、教会や、寺院での宗教の教えも必要なのではと深く深~く思わされてなりません。

宗教家の方々も、商売に力を入れるよりももっと、本来のお仕事に熱心になって頂かなくてはと切に思うこの頃。

京都の祇園や先斗町で、贅沢なお遊びをしているのは、お坊さんばかり・・・・・というのも
何かがおかしいと思うのは私だけではないと思うのですが。


あれ、今夜はこんな事を書こうと思ったのではなかったのですけど・・・・・・


兄からのメリークリスマスのメールに添付されていた写真を、ネタ切れのブログにお借りしようと思っただけでしたのに~

まあ、そんなことをつらつらと、思うこの頃です。
DSC_0436-3.jpg

向かいの帝国ホテル?  後ろは、満月ですね。
DSC_0431-3.jpg

    NIKON D 300     
       レンズ VR Nikkor ED 18-200    兄、 横 山 匡  撮影

         

    こちらに、少し兄の写真のギャラリーがあります。 (日本聖書協会のHP内)

http://www.bible.or.jp/common/photogallery/index.html

閉店後のお菓子屋さん

ふと見上げた窓・・・・・粋

H19.12月キャナルシティ 028
再びキャナルシティに行ってきました。
クロスフィルターを初めて使用してみました。
星のように光が放射状になってキラキラが更にきれい!!
H19.12月キャナルシティ 009
やっぱり、メインは勿論
森のシャンデリア。
H19.12月キャナルシティ 006

H19.12月キャナルシティ 025

H19.12月キャナルシティ 044
毎年クリスマス次期になるとやっぱり一番のスポットはここキャナルシティで、まだまだ見逃している所もありますが
リンクしていただいているkassyさんも同じ場所でとてもきれいに紹介されておりますので
是非ご覧下さい。
ランキングにも参加されていて、ただいまNo7まであがってきました。さすが~です。
是非ポッチの応援もよろしくお願い致します。

H19.12月クリスマスキャナルシティ 143
忘年会に行く主人を送って行った。
さて、一人で家で待っているのも勿体ないので、送った後、キャナルシティの今年のツリーを見に行った。
渋滞で天神から博多駅方面にいくまでに10分もかからないところを40分もかかってしまった。
福岡でモーターショーなどの人気のイベントがあり、すごい人出だったようなのでそのせいもあるのかもしれない。
街路樹もおしゃれしていて車の窓から、渋滞中に一枚とってみた。
H19.12月クリスマスキャナルシティ 037

駐車場で苦労するかなと思ったが、運良く待ち時間なしではいれる所が見つかり、ラッキー。
福岡で活躍しているグループの歌手達のコンサートの真っ最中。
隣にいた若い男の子になんて言う名前のグループですかと聞いたのに、家に帰ったらもう出てこない。なかなか素敵な歌声だったしCDも出ているとか・・・・・
H19.12月クリスマスキャナルシティ 079
昨年は三脚を持って友人と一緒にイルミネーション撮影に出かけたけど、急遽思いついてカメラだけしか持っていなかったので、手持ち撮影。
WBをちょっと変更してみたり壁にくっついたり、色々撮ってみた。
H19.12月クリスマスキャナルシティ 119
グランド・ハイアットホテルのガラスにカーテンの様に写っていてきれいだった。
有名なオランダ人のアーティストの作品とのことだが、最近のイルミネーションも省エネや、リサイクルなど地球に優しい事が最優先とされているようです。
この森のシャンデリアには物語があり(キャナルシティのHPの詳しくはこちら)に紹介されています。
動物や森の木々など自然がテーマの美しいオブジェ・・・・・・切り絵とは思えないダイナミックなのに繊細で、いくら見ても飽きることがありませんでした。

キャナルシティのHP

一日のはじまり

霜の朝

霜の朝

耶馬渓 一目八景

H19.11月24日耶馬渓 268

本文なし。

沙羅双樹

    

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり
 
沙羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらわす
    
唯春の夢のごとし、 たけき者も遂にはほろびぬ
    
ひとえに風の前の塵におなじ
     


今の世相にも通用していますね~
聞き慣れていた歌でしたが沙羅双樹の木を初めて見ました。 (大原にて)
沙羅双樹の花ってどんな花かと、検索してみると、日本では夏椿のことを
 さしているとか。
本当の沙羅双樹の花は・・・・・椿とは違っていました。
        興味がある方は検索してみてください。

                      

H19.11月 京都4 025
職人さんの仕事姿、撮ってみたいと思っていたのでラッキーでした。
彫金の細かな細工をしている姿は、真剣でした。
H19.11月 京都2 205
ちょっと路地裏にも一歩入ってみました。
勝手口で煮物中の姿を発見して、ちょっと声をかけて撮らせて頂いた一枚。

H19.11月 京都2 204
ふと振り返ったら、壁には可愛い絵が描かれていて何枚か撮ってみました。

H19.11月 京都2 209
ちょっとレトロな丸窓も魅力的。又表通りに出てにぎやかな商店街(河原町)に出て

H19.11月 京都2 213
アクセサリーショップもちょっとのぞいてみたりH19.11月 京都2 236
京都の旅はこれで終わります。
久し振りの京都は、地元の方の案内があったお陰で、とても充実していたし、windさんとも又会えて楽しいひとときが忘れられない想い出になりました。
お世話様になりました。

H19.11月 京都 014

河原四条大橋から鴨川を眺めた朝の風景
左側に先斗町の店が軒を連ねる
H19.11月 京都 099

京都がしばらく続きますが、神社仏閣の紅葉を堪能したあと、最後の日に大阪のwindさんと南座の前で待ち合わせて京都の町を一緒に歩きました。
前日熊本の実家に日帰りで親孝行をしてきた後でお疲れのはずだったと思うのですが、一日つきあって下さいました。
いつも、色々と教えられる事ばかりのwindさんのHPはhttp://hobby.easter.ne.jp/
彼女の写真は、とても私には撮れない心象的な写真でハイレベルなのですが、惹かれる写真ばかりです。
自己表現の出来る写真って、なかなか撮れないと思うのですが・・・・
どの写真にも、彼女の意志みたいなものが感じられるし、いわゆるバッチー物も美しく見せるマジック術があるのではないかとさえ思います。
本当は、まだまだ遠い存在のwindさんなのですが、年上をいいことに、妹のように思っている方でして、介護生活の中から素晴らしい作品を次々と撮られる姿には頭が下がります。
H19.11月 京都 100

H19.11月 京都 102

H19.11月 京都 105

H19.11月 京都 127
本物の舞妓さん 昼は普通の着物姿でして
H19.11月 京都 110
こちらは変身体験中の観光客による舞妓さん姿でして町中に着物姿の男女のカップルやこんなスタイルのグループが旅の想い出楽しんでいました。
H19.11月 京都 117
はて、フランスからのお客様の目にはその違いが分かったかどうか  ??  ですね。
H19.11月16日大原 131

仲良し3人組のお嬢さん達も着物姿でした。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 のあめも, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。