FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2009/02/19 (Thu)
2008/12/14 (Sun)
2008/11/08 (Sat)
2008/10/03 (Fri)

エツ


その昔、九州行脚の途中に筑後川を渡ろうとした弘法大師を親切に自分の船でお送りした漁師へのお礼に、葦の葉を一枚、川に投げ入れたところ、エツになり、それ以後その漁によって、漁師は貧しさから救われたのだという伝説が残っています。

ずっと以前の事ですが、福岡西部にある、大川という家具の街に行った時の帰り道で、その筑後川の土手にさしかかったあたりで信号待ちをしている際に、ふと古風な店構えの軒先に、「エツ料理あります」と美しい筆文字で書かれた紙札が目に止まりました。
食べたことのなかったものなので、どんな味かな~と思いながらも、そのときはすでに食事も終わっていたし、夫はあまり目新しい食べ物にそれほど興味を示さないので、そのまますっかりエツの事は忘れていたのです。

ところが、数日前近所のマーケットで、そのエツが、氷の上に並べられて売っているのを見つけてしまいました。
もう永年福岡の住人をしているのに、売っているのは初めてだったので
びっくりでしたが、ここはやはり買わねばと、二匹だけ買ってみたのです。
初めての魚に敬意の為、頂きます。とお辞儀をして記念写真です。
刺身には小骨が多くて「はも」の様に骨切りしないといけないようです
が、簡単に焼いて味わってみました。
あっさりと上品なおいしさでした。
これで、いつか食べてみたいと思っていた食べ物の楽しみの一つが減った事になります。
国内でも、未知の味はまだまだあるのに、世界中でと言うことになれば
ものすごい数になるのでしょうね。

さて、福岡にはまだ、めづらしい魚の一つに、「あぶってかも」という魚があります。
あぶって(焼いて)かも(鴨)??
初めて見たときは何で魚なのに?と思ったのですが、どうやら調べてみると かもは 噛もうと言う意味のようです。
この魚も夏の短い間しか見かけません。
ちょっと小ぶりですが、なかなか美味しい魚でした。
スズメ鯛の仲間のようです。
あぶってかも

大きさが解るように卵と比べておきました。
他の地方でも別名であるかと思うのですが、一度は食べてみる価値のある珍しい魚だと思います。

最近福岡でも手に入ることを知ったのですが、もう一つ夏の味覚の楽しみに、この岩牡蠣もトップクラスのおいしさです。
唐泊漁港という港があるのですが、ここの漁協の委託で販売してくれる所を知り、夏の楽しみに買いに行きます。
一キロはかっても3個くらいしかありませんので、その大きさが解ると思いますが、海のミルクと言われるように、ジューシーなミルク色の汁と共に、少しゆずとか、スダチなどをきゅっと絞り、もみじおろしを添えて頂く牡蠣はとても幸せな気分になります。
岩牡蠣

食いしん坊なので、休みになると、あちらこちらと美味しいものを探しに行って、楽しんでいます。
昔は育ち盛りの子供には、安くて美味しいものをたっぷり食べさせていたように思いますが、最近は、カロリー制限も考えて、少々高くても美味しいものを、少しだけ・・と言うようになりました。
宴会もあまりしなくなりましたので、沢山の食器類が暇そうに食器棚の中で順番待ちです。  
そろそろ、物を持つ楽しみよりも、心に残る楽しみや人との交流などへの思いが強くなってきたのは、年のせいなのでしょう。 
来世に持っていけるものの方が大切になりつつあります。
スポンサーサイト







のあさん、こんにちは!
見るからに上品なお魚ですね。つやつやと光沢があって美味しそうです。
うちの近くに「弘法の松」という場所があって、そこに弘法大師が立ち寄ったといわれていますが、
福岡にも足をのばしてるんですね。
このお話はキリストとペテロの出会いのエピソードみたいです。
「あぶってかも」も初めて知りました。
九州のお魚は知らないものばかり。可愛らしい形が目をひきます!
【2006/07/24 11:20】 URL | dianas #-[ 編集]
弘法大師は本当にかなりの範囲を歩かれたようですね。
四国にも弘法大師とかかわりのある場所が沢山存在しています。
漁師だったペテロがキリストに出会った話、とてもよく似てますよね~ dianasさんに言われるまで気づかなかったのですが本当ですね~ 笑
 
そうそう、先日ギリシャ旅行のテーマがペテロの足跡をたどってと書いたような気がしましたが、パウロの間違いでしたのでご免なさい。
次兄が牧師を務める教会員に混じって、兄弟6人の内、4人が参加して行ったのです。
パウロがキリスト教の伝道の為ヨーロッパに第一歩をふんだネアポリスからピリピ、テサロニケ、ベレア、アテネ、コリントなど聖書に出てくるその場を訪ねる旅はとても感動でした。
 私は今は教会に所属はしていないのですが、子供の頃にふれた事はいつまでも
心に残り、支えにもなっているように思います。
一度写真を整理して紹介出来たらと思っていましたが、なんせ不信仰者なので、
説明不足になるので躊躇したままパソコンの中で眠っています。

何事も努力家のdianasさん、アレンジメントの素敵なお花にいつもうっとりしています。
又、楽しみに伺わせて頂きますね。 
ありがとうございました。
【2006/07/24 13:38】 URL | のあ #-[ 編集]
 また、写真を使わせていただきました。四万十川百人一首の中で、御供平佶さんという歌人を紹介するコーナーで、「小路」の歌に、実にピッタリとする写真でしたから・・・。しかし、「のあめも」の、どの写真も素晴らしいですね!また、使わせていただきたいと考えています。悪しからず・・・。エツの話しもいいですね。
 http://waka100s.exblog.jp/d2006-06-30
【2006/07/25 07:18】 URL | 山藤花 #-[ 編集]
夏らしい、涼しげなお魚ですね。秋田の”ハタハタ”にも似ている感じですね。さっぱり味で、小骨が多いところも。ハタハタは冬の魚ですが、こちらは夏のものなのですね。すずめ鯛も秋田にありましたので、日本海側は似ているものがありますね。

東京から秋田に参りましたとき、魚の違いにちょっと戸惑いました。(笑)美味しそうな夏の食材がおありなので、夏バテをなさらないように、一生懸命召し上がって、夏を乗り切ってくださいませ。
【2006/07/25 11:51】 URL | sakura #-[ 編集]
やっと雨も峠を越したのですが、多くの被災された方々のニュースに心傷みます。
高知は何事もなかったのでしょうか?
 台風のシーズンを迎える季節がやってくるのが又心配ですね。
お元気でご活躍の様子、四万十通信などで拝見しています。
私の写真を使用して頂いている事は恥ずかしくてとても驚きでしたが、写真を続けようという励ましになりそうですね~感謝です。
 だから、生意気ですが、山藤花さんだけの特別許可です。
四国帰省の折は四万十川に必ず行きます。  短歌が詠めたらな~と思うのですが・・・・
そして食事は、魚菜っぱと、とんちゃんにも行きましょう~。  
【2006/07/25 13:19】 URL | のあ #-[ 編集]
こんにちわ。   やっと雨がやみましたが、まだ青空が見えません。

sakuraさんは、世界中の旅の経験も豊富なので、まだまだ美味しい食べ物をご存じでしょうね~
私は、日本国内ですら、知らない土地や食べ物が沢山です。
これから少しづつ経験してみたいと思うのですが、これも平和ぼ○かも知れないので、普段は粗食にして贅沢はなるべく控えるようにします。
日本は食料を輸入に頼っている方が多いとのことで、もしもの時に備える心準備も忘れない様にしないといけませんね。
戦争中のイスラエル・レバノン情報が気がかりです。
私は少々夏ばてしてダイエット出来たら丁度いいのかもしれませんよ・・・・笑
【2006/07/25 13:33】 URL | のあ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020 のあめも, All rights reserved.