FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2009/02/19 (Thu)
2008/12/14 (Sun)
2008/11/08 (Sat)
2008/10/03 (Fri)

風情ある街をあるいてみました。
八千代座(江戸時代の様式の芝居小屋)中に入って見学も出来ました。
舞台裏の仕掛けも全て昔のまま人力で回る装置でした。

山鹿市の小物店の店先


RIMG0144.jpg


20060819083613.jpg


20060819083524.jpg


20060819083443.jpg

20060820111655.jpg

20060820111531.jpg

20060820111457.jpg

20060820111742.jpg

20060820111611.jpg

20060820111802.jpg

スポンサーサイト







江戸時代に、タイムスリップしたような感じです。
江戸をテーマに造られたテーマパークは、たくさんありますが、
よく造りこまれているような印象がします。
桟敷席の天井も、おもしろいです~。

↓の、山鹿燈籠祭りは、華麗ですね。
頭上に、かぶせた燈籠が、
結構軽いのにも、ビックリ~!
でも、華やかです。
東北の踊りとは、対照的~。
違う魅力があります。。。
【2006/08/21 00:21】 URL | OHara #-[ 編集]
おはようございます。
この八千代座は、テーマパークの様に新たに作られた物ではないんですよ~
昭和40年ごろまで閉ざされて建物は老朽化する一方だったのですが、市民による瓦一枚運動など、熱心な保存の動きでやっと修復保存で生き残った本物の芝居小屋です。
地下にも入って見学出来たのですが、回り舞台の装置なども全て人力によるものでした。
一度見学にいらっしゃいませんか~~
私も初めてだしたが、まだまだ見落としているような気がするので又何度か行くと思います。
来られた際は空港までお迎え・ご案内いたしますよ。
踊りの写真は雰囲気だけでもとUPしましたが、むつかしいです。
【2006/08/21 09:18】 URL | のあ #-[ 編集]
のあさん、こんにちは!
まさに江戸時代にタイムとリップしたような小屋ですね。
内装の飾りや絵、ひとつひとつに庶民の歴史が詰まっているでしょうね。
山崎豊子の小説に出てくる大阪・船場の遊びの情景を思い出しました。
まだまだ日本もすてたものではありませんね。

ところで、↓の門司のお写真も興味深く拝見しました。
私の祖母は黒崎の生まれで、小倉の女学校を出ていました。
旧姓が「大和」だったので、のあさんの写真にあった民家の表札の「大和」に
吸い寄せられてしまいました。何かのご縁のような不思議さを感じます。
【2006/08/21 14:40】 URL | dianas #-[ 編集]
こんにちわ~   いつも dianas さんのブログ、素敵なアレンジメントのお花や美味しい料理、それに外国旅行の経験豊かなご一家の写真も拝見出来て楽しませて頂いてます。
田舎者なので、なかなか気の利いたコメントも書けなくて失礼しています。
黒崎ご出身のおばあさまがいらっしゃったのですね~
大和と書いてあったお宅はとても立派なお屋敷でしたよ。
なにかご縁があったら又、楽しいでしょうね。
たしかそのお隣には、旧高級料亭三宜楼の屋敷があり、現在かなり痛みも激しくなって、
取り壊しか保存かで話題になっているのですが、是非とも日本のこうした建築物を守って後世に語り継いでゆく必要があると思います。
まるで外国のような新しい建物を建てるよりこんな古い建造物を残して行くべきだと思うんです。 
古民家を生き返らせるにも結構維持費とか不便さもあると思うのですが・・・・若い方はどう思われますか?
 
   http://mojiko.tv/2ch/archives/2006/07/post_1.html

お暇な時にのぞいてみて下さいね~
三宜楼の現状が写真で紹介されています。
【2006/08/21 17:39】 URL | のあ #AMZ1M8Og[ 編集]
こんばんは。山鹿燈籠祭り、以前からテレビで見ておりまして、なんと幽玄な世界なのでしょうと思っていました。秋田の西毛内(にしもない)盆踊り、富山の風の盆と山鹿燈籠祭りが大好きで、のあさんの最初のアップを拝見して、わーいらっしゃったのだわと、では、またずーっとアップしてくださると思って、今日まで楽しみに拝見させていただきました。いいですね。山鹿の町も皆さんが大切に一つ一つの文化を保存していらっしゃる心意気を拝見したように思います。秋田といっても、県北にも八千代座と同じような歌舞伎の小屋がありましす。"こうらくかん”と言う名前でした。漢字を忘れました。7月秋田に行っている時、中村勘三郎がきていました。こういうものは、日本の遺産なので、維持して行くのは大変そうですが、がんばって残して欲しいものですね。
本当にいいお写真を拝見させていただきました。ありがとうございました。私の夏はどこにも行かず、家で
仕事をしながら、自分の好きな時間を過ごしました。去年から、なんだかずーっと走り続けていたような気がしますので、ゆっくりしたかったもので。また秋から忙しくなります。私のブログはネタ切れなので、昔写真をアップして繋いでおります。(笑)
【2006/08/22 19:09】 URL | sakura #-[ 編集]
こんにちわ。  福岡はまだまだ暑いです。
 以前は盆を過ぎると朝晩はかなり涼しくなっていたと思うのですけどね。 
朝、掃除を終わると、朝シャン・・・・の毎日です。
祭りは写真を撮るのは難しい事がよく分かりましたが、やっぱり日本の文化ですから
見るのは楽しいですね。
東北方面には行った事がなくて、いつか紅葉の時期にでも行きたいと思っていましたが、
祭りも色々あるんでしょうね~有名な祭りは見物人が多くてそれだけでひいてしまいますが、山鹿燈籠祭りはいつかと思っていましたので重い腰をあげて行ってみました。
近いので又もう一度いくかもしれませんね~

これから秋に向かって又、草木染めに精をだされるのですね~
いつか製作過程も見学してみたいものです。
【2006/08/23 10:38】 URL | のあ #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020 のあめも, All rights reserved.