ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2009/02/19 (Thu)
2008/12/14 (Sun)
2008/11/08 (Sat)
2008/10/03 (Fri)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ママ、あいたかった。

正月休みの4日5日と一泊で熊本県の人吉に行って来ました。
二年前まで、人吉に2年間単身赴任していた友人のご主人が、この日に年始の挨拶に行くから一緒に行きませんかとの思いがけない急なお誘いで主人と3人で一緒に。
五木村は五木の子守歌で有名だが、この歌には特別な想い出もあって、是非この目で見てみたいと思っていたので、勢いに乗って二つ返事で便乗させて頂くことに。
まず、人吉に着いていつも行くうなぎやさんに直行。
普段うなぎが苦手で食べないという方でもここに来ると、美味しいといって食べてしまうほど
焼きたてのうなぎは美味しい。
腹ごしらえをしたら、そのまま更に山間の五木村へと向かった。
約50分近く走っただろうか。
五木村 186

あたりは山深く球磨川最大の支流、川辺川に沿ってさらに進む。
そして、右手に今まで見えていた民家とは違い新しくモダンな町並みが見えてくる。
交番もしゃれたログハウス。
学校も新しく、モダンな建物。
一帯には全て新築のおしゃれな家々が・・・・・ここが現在の新しい五木村であった。
写真撮り忘れてしまいましたが。
ふと道路からかなり見下ろす川の流れに近い所に数件の古い建物が目に止まる。
そこが、かっての五木村であることは一目で解るが
すでに町並みはなくほとんどの建物は撤去され、がらんとした光景。
工事中の建設会社のハウスが見えていて、まだ村の撤去作業を進めているようだったが
正月休みで誰もいない為ひっそりしている。
せっかく来たのだからと、旧五木村へ降りる道路を探して降りてみることに。
ゆっくりと車を走らせて数百メートル行ったところで
五木村 095

一軒の民家があり、車を止めてもらって、降りてみた。
そして、古びているがまだ誰か住んでいるような気配が・・・・

次回に続く。
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 のあめも, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。