ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2009/02/19 (Thu)
2008/12/14 (Sun)
2008/11/08 (Sat)
2008/10/03 (Fri)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


五木村 091
さて、よか帯、よかきもん(着物)を着た成人式のお嬢さんたちを見た後、又話を五木村に戻します。

1963年から1965年まで毎年の度重なる、台風や集中豪雨により川辺川や球磨川流域の氾濫で甚大な被害を受けた五木村ですが、治水ダム計画がはじまってすでに40年以上の月日がたっています。
すでに道路工事や移転もほとんど終わり、集落が地図上から消え去りました。
現在は多目的ダムという名目に変更となり、計画はしきり直しとなっているようですが・・・・

今回、たまたま、たった一人最後に残った緒方茂さんと出会った後、新しく出来た五木村の中にある物産館に立ち寄り、野菜や小物を見ていた時、隣に小さな別室があり、旧五木村の歴史など展示してあり、ふと片隅に一冊の写真集が目に止まりました。

パラパラと見るとそれは、あるカメラマンが、五木村のかっての脈々と続く人々の営みがあったという記録を残さなければという思いに駆られ、数年間通い続けて撮りためたというものでした。
村の祭りの様子や、東小学校の最後の卒業式の子供達の姿、美しい村の自然、そして、
なんと、ついさっきお会いしてきた緒方茂さん御夫婦の生活の様子が沢山紹介されていたのです。

それは、全てモノクロ写真でしたが、とても感動でした。
出会えて良かったと思える大切な本になりそうです。
一緒にいた主人も是非買っておくようにと言ってくれて感謝でしたが、いつか見ておきたかった村の写真に出会えて何かに導かれたような感じで興奮気味の自分がいました。

福岡の海鳥社出版の   五木の詩 という題名の95頁の写真集 著者 小林正明 

素晴らしい写真集でした。   
 
写真の持つ力というものも強く感じたし、少なくとも写真に興味を持っていなかったらきっとこの本と出会う事もなかったかもしれません。

なぜ、この五木村にこんなに興味があったのか・・・・・

それは次に続きます。
スポンサーサイト




こんばんは~。^^
五木村に行っていらっしゃったのですか?
私は、昔から、あの歌がすきで、どのようなところ
かしらと、とても強い関心がありました。
日本がどんどん変わっていく、先日パリへ行って
つくづく感じておりました。
日本のよさをもっと、誇りを持って、大切にして
ほしいと思いますね。
いい写真集をお求めになられて良かったですね。
いつか、機会がありましたら、拝見したいです。
【2008/01/21 00:17】 URL | sakura #-[ 編集]
sakuraさん、こんにちわ。
華やかなパリとは正反対の人里離れた五木村に行って来ました。
失われて行く日本のいいもの、建物や風景が変わって行くのは時代の流れで仕方のないことかも知れませんが、ヨーロッパなど特に
昔の建物など大切に保存されていますから、日本は残念な傾向ですよね。
でも、一番寂しく思うのは精神的な崩壊が一番恐いですね。
五木村は色んな事を想い出させてくれてとても心に残りました。
そしてこの写真集はとても良かったです。
写真をとった人の意志も伝わる様な力強いものでした。
めったに写真集買わないのですが、いいものに出会えて大切にしたいです。
【2008/01/21 16:51】 URL | noa #AMZ1M8Og[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 のあめも, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。